top of page

NEWS

お知らせ | 記事

パラリンピック聖火イベントから1週間

パラリンピックの聖火イベントから1週間になります。東京から帰ってきたので、念には念をで対面の仕事は2週間休みにしてます。何事もなく元気でいます。


パラリンピックの聖火イベントに参加することで、聖火ランナーの志望動機を読んでもらえる機会が増えました。もっとうまく書けたらよかったのに・・・(-_-;)と今頃思っても仕方ありませんが、ゴシュランって何!?って名前を覚えてもらえるきっかけになってはいるのは嬉しいです。

こちらは東京2020パラリンピック聖火リレーのライブストリーミングです。8/23分で見ることができます。私の名前は御朱走(ゴシュラン)さんで名前が載っています☞https://sports.nhk.or.jp/paralympic/torch/events/20210823/


点火イベントの会場・砧公園。緑がいっぱい、次回訪れるときは朝ランしたいです


パラリンピック聖火ランナーの志望動機に関係している先祖の和泉守さん。以前書いた記事『400年前に生きた人の存在が力になる』☞  https://note.com/goshurun924/n/nacfa0dea3a8b の一節『落ち武者ですのでけっしてきれいごとでは済まなかったと思います。』を補足したいと思います。


長南一族ですが、平安末期から500年続いた連綿武士でしたが、大阪の陣で敗戦し牢人となりました。先に移動していた仲間が浦戸にいたらしくその仲間を頼って千葉(正確にいうと茨城の青宿)から潮に乗り浦戸に来たようです。

浦戸に着いてから、寒風沢に上陸するまで1年半~3年ほど船世帯だったそうです。それは伊達藩から上陸許可が下りなかったためで、最終的に武士から農民になることで、寒風沢へ上陸許可が下りたのではないかと伝えられています。(長南氏の研究より)


塩釜市営汽船からみる大好きな石浜水道、1月の夕方の風景です




     ---------------------------------------------------------------------------       

500年続いた武士の暖簾を下ろすってどんな思いだったんだろう・・・

千葉から一緒にやってきた36人の部下たちにどんな思いで説明したのだろう・・・

農民になることを36人の部下たちはどんな思いで受け入れたのだろう・・・

自決した方が楽だったのではなかろうか・・・などなど戦国の混乱期に生きた和泉守さんのことを思うといたと気の毒な思いとよくぞ生き切ってくださったという感謝の気持ちが湧いてきます。




一之谷合戦の錦絵・右から4番目の長南七郎忠治さんは長南一族の歴史の中で一番強いお侍さんでした。ゴシュランのアイコンの七は七郎さんの七です。寒風沢長南屋の屋号にも七が使われていました。画像は長南氏関係資料集表紙より


---------------------------------------------------------------------------------------------


だいぶ昔に見た光景ですが、小学生のころ、塩竃市公民館本町分室で見た長南和泉守さんの人物パネルを思い出します。塩竃の歴史という小学校の歴史の副読本の塩竃を築いた人ということで一番最初に登場してます。和泉守さんの人物パネルは白髪交じりの髭がすごく長くて白装束姿だったような記憶があります。それは恐ろしい姿にしか見えませんでした。あれは牢人の姿を表現していたのだろうか・・・と今になって思えます。当時、長南(ちょうなん)という姓は珍しくて発音から在日朝鮮人と間違われることもあり、出自を説明することが面倒に感じることがありました。必ず祖父の生い立ちから説明が始まるのです。



祖父の父は福田町でもろやという酒屋を営んでおり、ある方の保証人になって家をなくし、祖父は奉公で利府に出されました。私の祖父の大伯父にあたるのが十二代目清八郎ことあいさんになります。あいさんもこの風景を見ていたんだろうなぁ~

   -----------------------------------------------------------------------------


この歳になって、和泉守さんが生きることを選択したのは、非常に難しく過酷で苦しいことの連続だったと思うのです。生き切ることを覚悟した和泉守さんは変化に強いタフな人だったと。その和泉守さんが生き切ったおかげで今、ここに自分がいるので400年前に生きた和泉守さんから力をもらっています。





生きた時代も立場も環境も全く違いますがパラリンピックと和泉守さんがリンクしてなりませんでした。世田谷区砧公園での点火イベントには沢山のスタッフが聖火ランナーのために一生懸命動いていました。



府中市アンカー、宮崎の骨髄バンクランナーの樋口さんに聖火をつなぎました。これをご縁に次のフルマラソンは宮崎に行くことにしました!


皆さんのおかげでこういった素晴らしいイベントに参加することができ、これからのゴシュランの活動の励みになりますし、気持ち新たに51本目のツアーをスタートします。

緊急事態宣言下ではありますが、皆さんご自愛くださいね!



ゴシュランこと鈴木由美子

フェイスブック https://www.facebook.com/yumiko.suzuki.shanti

Comments


LATEST NEWS

最新記事

2024年2月17日

それぞれの価値観や感じ方があって当然のこと。その中でごしゅらんの在り方とコロナ禍で行った事業についてお話しします
いつもお世話になっております。今年は、桜、去年以上に早そうですね。 ごしゅらんの仕事・・・難しいことはありませんが、主催者も、参加者も、場合に寄っては、命にかかわることなので、下調べには、時間をかけて取り組んでいます。 ごしゅらんのように、有料、無料問わずに、自主開催のウォーキングイベントが増えてくれたらいいのに・・・と思ってます。思ったよりも増えないのは、時間を要し、その上でリスクがある、難しいと感じてしまうのかな・・・ これから盛んになっていくことを願います。 SNSで、「料金が高い」「料金が安ければ参加者が増えるのでは!」との書き込みがありました。ちなみに、ごしゅらんに参加したことの無い方でした。ウォーキングイベントって、県や行政、第三セクター、一般社団法人やNPO主催の場合が多く、有料でも、お弁当付、お土産付きなどの、実質、無料に近いものを目にすることはあります。こういうイベントは、県民にとってはありがたいことだと思います。 ごじゅらんは、個人事業で、私には資金力はありません。けど熱心なリピーターの方々のおかげで続いています。 今、ごしゅらんは、参加者を増やすことよりも、ごしゅらんの価値を高め、リピーターさんたちへの満足度をあげていくことを重要視しています。 ごしゅらんの2018年のスタート時の参加料は¥1,000でした。その後¥1,000~¥1,800の価格設定でやってきましたが、ある時期から目まぐるしい忙しさが続きました。少数精鋭のボラスタッフさんたちに、休みなく稼働していただき、大変なご負担を掛けてしまったことがありました。 当時は、ホームページの自動予約システムがなかったので、メッセンジャー、ライン、メールなどでのお申し込みを、1つずつ、返信していました。参加者が多くなるほど、チェック漏れや、キャンセル処理が増え、参加者、スタッフの人員調整や安全管理、薄謝など含む、運営の難しさを経験しました。 「一気にピークを迎えてしまったのではないですか!?一度、立ち止まって、事業を見直してみては、いかがですか!?」これは、学生さんたちに、地域活動を教えていた京都の大学の先生のご助言でした。地域事業者の勉強会でのことでしたが、ハッと気づかされました。 そこからは、持続継続できることを最優先とし、少人数制と決めて、参加者のニーズの洗い出しと、ツアーの質を高めていく(こと、もの、場所など含む)ことに注力しました。結果、リピート率が上がり、催行中止になることはなく、まもなく100回を迎えます。 おそらく、ごしゅらんを必要としている方は、健康志向が高い、こんな方々であろうと想定しています ------------------------------------------- ・熊や、動物や、見知らぬ人など、山の中で出会う動物や人、そこで起きる出来事を想像すると、一人で歩くことのリスクを回避したい。(女性のニーズが多い) ・日々の仕事から解放され、息抜きとして、フラットなコミュニティに参加することで、キモチをリセットできる(男性のニーズはこちらかな!?) ------------------------------------------ そして、コロナ禍の2022~2023年に、ごしゅらんは、こんな投資をしてきました。 ・予約システムのあるホームページを作成。22万。 ・デザイナーさん2人にTシャツのデザイン等を発注。デザイン料等、8万 ・歩けない人には、寺ヨガやカフェヨガのニーズがある。今後、ヨガイベントを増やして行くにあたり、シニアヨガや解剖学など学ぶ必要性を感じ、3つめのヨガスクールに入校。46万。 ・ビジネスの勉強のため、オンラインスクールに入会。合宿代など含め(飛行機・宿泊代など)19万。 ・旅行会社からガイドの依頼を受け、お客様と歩いた時に、会話で出てくる、熊野古道。仕事をする上で、知っておかなくてはならないと思い、熊野三山巡りに行く。14万(新幹線・飛行機・レンタカー含む) まとめて使ったお金はこんな感じです。 それ以外でいうと・松島公園、国道45号線のごみ拾い活動こちらはボランティア活動で、現在、ごしゅらん0期生ののりさんと京子ちゃんを中心に活動しています。 2024年の現在のごしゅらんのツアー基本料金(障害保険料+おやつ)は初回ビジター¥2,700 2回目以降 ¥2,200 で設定しています。 ------------------------------------- 私は個人事業主です。「旦那さんの稼ぎがあるから、楽しく自由に出来るんだ。」と言われることがあります。確かに夫には、借り入れの際の保証人になってもらっています。補助金など、自分で引っ張れる力(頭)があれば、もっと上手に運営できるのかもしれません。しかし、このように皆さんの売上で、ごしゅらんを育てることができる幸せは、何にも代えがたいのです。 そしてごしゅらんのテーマである健康×観光×交流の延長線上には、心身とも健康で自立した個人(リピーターさんたち)が各地域において活躍する人財となり、志ある人が、困っている人を助けたり、引き上げたりするコミュニティが形成されていくだろうと願っているんです。それはお金で変えられない価値があると思います。 最終的には、松の保護、再生活動などにも関われるくらい、影響力が持てるようになりたいと思ってますし、こういう自然環境やそれに関わる人たちにに、税金が、もっと使われるようになって欲しいです。 これからも人生の先輩方はじめ、さまざまな方々のご意見やご感想を通じ、より良いコミュニティ運営を目指していきたいと考えております。引き続き、ご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。 いつもありがとうございます!ごしゅらんですっ☆(大好きなちぃたんのマネで締めました🙇) ごしゅらん鈴木                   99本目は、宮城オルレ村田コースを歩きます🚶

2023年12月18日

2023年もお世話になりました。2024年もよろしくお願いします
2018年の1月からスタートしたごしゅらんウォーキングツアーは おかげさまで、丸6年が経とうとしています。 2020年と2021年はコロナ禍で動けない時期でしたが、 それはそれは多くを学び 忍耐強くなったような気がします。 来月の2024年1月で7年目に入ります。 2024年は月2本ペースで24本計画します。 それには、ヨガイベントも含みます。 健康×観光×交流 というコンセプトでスタートしたごしゅらんですが それと同じく、ごしゅらんが目指しているのは 歩きやヨガという体験を通じて、 しなやかで強い身体と心を養うことです。 ヨガやウォーキングやランニングで 人間が本来持っている元気な気の 状態に戻ってもらいたい。 そんな思いです。 ヨガをするようになると 自分の身体を観察するようになるし 丁寧に扱う感覚が養っていくような 気がします。 自然の中を歩いていると 日々の疲れやストレスを 大地がアースのように 溜まった気をながしてくれる そんな気がするんです。 ヨガのポーズや呼吸を通じて 他人と違うことが理解できれば 争いごとをスルーしたり 回避できるようになるかもしれません。 常に前を向いて歩いて行く感覚が あれば、不安などが生じても 進んでいるのですから つねに目の前のことに 集中できるように なると思います。 自分が強くなれば 弱い人を守ることができる。 弱い人は守られて、 安心や安らぎを感じることで 大丈夫!と恐怖から解放されるかもしれない。 安心できるようになったら 不安や凝り固まったものが小さくなって 生命力が活性化され 自分の目的のために生きようと 本来の自分の姿に戻っていけるかも しれない。 そうなったら弱い人も強くなれる。 自分の心を知ることと人生の課題を知ること。 まずは自分が実践し、その実践に基づき、提供していきます。 ヨガやごしゅらんを通じて 一緒に歩んで行きましょう。 よろしくお願いします。 ごしゅらん 鈴木 追伸 ヨガの師 尚子先生から言われていることを 自分の表現で書き直しました。

2023年10月3日

利府松島商工会発行 御朱走ウォーキングツアーHP掲載プランペア無料券に関して
お世話になっております。 9/24発行の利府松島商工会発行 御朱走ウォーキングツアー HP掲載プランペア無料券に該当するツアー は 以下となりますので、お早めにご使用していただけますようお願いします。 なお、無料券ご利用の方が、次回、ごしゅらんウォーキングツアーを利用する場合は ビジター扱いとなりますので、ご了承ください🙇 *HP掲載プランペア無料券に該当するツアーはこちらの4本です。 ご予約の際は必ず無料券を使用する旨をお知らせください 10/14 田束山  (予備日11/14) 10/28 東松島「禅とヨガ」 11/11 松島紅葉  (予備日11/12) 12/9  表松島 (予備日12/10) 11/11と12/9は下見がこれからなので、まだイベントページはできあがっておりません。後日発表となりますが 予約可能です!自然相手で天候が悪い場合など中止になることもございますので、早めにご予約いただくことをおすすめします。 どうぞよろしくお願いします。 ごしゅらん 鈴木 先日、「ゆみこさん、大切にしてね!」と小学生女子からいただいたゴールドの鶴の折り紙。はい、大切にしています!ありがとうございます💕
bottom of page